給湯器の水漏れの原因や考えるポイント

給湯器の水漏れの原因や考えるポイント 給湯器の水漏れは突然発生するものです。しかし事前にできることもあります。普段お湯がわき、家の中に供給されていてきちんと機能しているときには、気にすることがないかもしれません。どんな種類があり、どんなトラブルが起こりやすいか分かっているなら、いざという時に慌てなくて済みます。
ガスが主ですが、電気の良いところを取り入れた給湯器もあります。設置場所も様々なため、日ごろからどのタイプを使用しているのか確認しておくことも大切です。

■給湯器の種類

給湯器の熱源はガスが主ですが、電気を併用するものもあります。従来のタイプは一つの用途のために使われるものが主流でした。お風呂専用の給湯器などがその代表です。
しかしお湯を使う場面が増えてきたため、キッチンや洗面所といった家の中の他の部分とも配管を接続し、一体化して使うことができるような給湯器もあります。床暖房など、他の熱源とも接続できる多機能タイプもあります。エネルギー源が一か所に集約され、全体的にみると節約につながるものもあります。
設置する方法も様々です。屋外型と屋内型があり、屋外に設置するものはやや大型、屋内に設置するものはやや小ぶりです。集合住宅やアパートなどに住んでいるなら、決まったタイプのものが決められているかもしれません。一軒家なら、家族の人数やどういう風に利用したいかによって、タイプが変化します。

■水漏れの原因
給湯器の水漏れは故障の大きな原因の一つです。水漏れを発見したら使っていた給湯器をとめて、どの場所から水漏れが起こっているか目視で確かめます。
よくあるのは水抜き栓からポタポタ水がたれているという場合です。定期的な水抜きとして最初からその機能がついている場合がほとんどです。しばらくすると自動的に止まるのでそれを確認するためにも、少し時間をおいてチェックします。
配水管からの水漏れはもう少し深刻です。配水管のどの部分からの水漏れか確認します。場所や状態によって、部品交換で修理できる場合と、本体ごと交換が必要な場合があります。

■業者を選ぶ

給湯器の設置は専門の業者が行います。どの業者に依頼するかは大切なポイントです。本体を販売しているメーカーと提携している施工店に依頼する人もいますし、以前に施工してもらった業者に依頼する人もいます。
最初に色々な方法で情報を集めていきます。ホームページ、広告、展示イベントやホームセンターの展示情報などです。季節限定でセールを行うこともあるのでそういった時期をチェックしておくこともできます。そうした情報から、いくつかの業者を選び見積もりを依頼します。時間があるならなるべく、数社の見積もりを比較すると良いでしょう。
ホームページなどでは、とても安く記載されているサイトがあります。しかし施工には様々な項目があります。本体代、施工や工事代、その他消費税や交通費なども必要です。すべてが含まれた費用を比較しないと意味がないため、細かい項目もきちんと見ていくことが必要です。費用だけではなく、水道 評判も確認し安心して工事が任せられる業者を選びます。

■まとめ
給湯器には様々な種類があります。カタログやホームページを見ながら、どんな種類があるか調べます。家族の人数や、お湯を供給する規模を考えタイプを選択します。多機能型のものも増えていますので、エコを重視したタイプや、おいだきなどの機能がついているものを選ぶこともできます。
水漏れは起こってから確認するのではなく、事前に対応などを知っておくと安心です。取り扱い説明書には一度目を通しておきましょう。水抜き栓からは定期的に水抜きが起こるので、しばらく時間をおいて確認します。
実際に設置や修理が必要なら、業者を選び工事を依頼します。情報集めが何よりも大切になります。自分の地域で施工ができる業者、評判のよい施工店などの情報をチェックします。時間に余裕があるうちに、見積もりを依頼し検討できると安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

コンテンツ

最新ニュース