コンテンツ

キッチンで起こる給湯器の水漏れ

給湯器から起こる水漏れは、すぐ直さないといけないものです。家全体のお湯を一つの給湯器でまかなっているなら、全くお湯が使えなくなります。どこから水のトラブルが発生しているか確かめ、必要な処置を施します。丁寧に、長く使えるように可能な手入れ方法を考え、実行することが大切です。

■キッチンで起こる水漏れの例

キッチンは毎日お湯を使うため、家の中でも給湯器を使う頻度が高い場所といえます。食器を洗うためキッチンの蛇口に直接取り付けている、小さいタイプもあります。またお風呂など他の水源と一体型のものもあります。
最初に、給湯器のどこから水漏れが起こっているか確認します。配管の途中から水がにじみ出るように、ポタポタと水が落ちていることがあります。これは配管の途中にある部品のせいかもしれません。例えばパッキンなどの消耗品の寿命がきたため、水漏れが起こっているという場合です。部品交換で修理可能かもしれませんので、まず業者に連絡して確認してもらいましょう。

■日ごろからできる手入れ

給湯器の寿命まで、水のトラブルなく使いたいものです。特に寒い地域なら、屋外に設置している給湯器の配水管が破裂してしまう、ということが時々あります。朝晩の気温差が大きい地域など、配水管の周りを布やビニールテープで保護することで水のトラブルを回避できます。長期で給湯器を使わない時期や、出張や旅行で家をあけることがあるなら、水抜きをするなどの処置をしておくと安心です。
湿気が多すぎるところは、給湯器にとって良い環境とはいえないため、時々本体や配管を拭いておくと清潔に保つことができます。

■まとめ
水漏れを修理することは大事ですが、どこからの水漏れか確認することも大切です。自分で確認ができた場合、正確な情報を業者に伝えられます。また、日ごろから給湯器を丁寧に使い、自分でできるメンテナンスを行うことで水漏れなどのトラブルを未然に防ぐことができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ