コンテンツ

給湯器の水漏れが発生したときに交換するには

給湯器は、普段使用しているときには気にならないものですが、いったん壊れてしまうと大変です。水漏れなどの気になる症状が出始めたら、完全に壊れてしまう前に交換を考えると良いかもしれません。どんなタイプのものが設置可能か、日ごろから考えておくこともできます。

■機能を考える

給湯器の寿命は約10年といわれています。長年使っている給湯器の場合、新しいものへ交換することで安心して安全に使用できます。メーカーのホームページやホームセンターで展示されているものを見てみると、新たな機能、様々なオプションが搭載された給湯器があります。
給湯器といえば、ガスで沸かすものが多いですが、最近はガスと電気を組み合わせたタイプもあります。こうしたものを使うとエネルギーの節約にもなるので普及しつつあります。一体型の給湯器もあります。家の中で使うお湯を一か所で管理できるので、全体的な無駄が少なくなり節約につながります。

■設置の場所を考える

設置できる場所についても、本体の機能が向上するにつれて、変化しています。以前よりコンパクトなタイプ、場所をとらないタイプが多く販売されているので、今まで設置できなかったところに置くことができるかもしれません。メーカーのホームページや型番をもとに、現在販売されているものを確認します。
例えば以前は据え置きタイプしか販売されていなかったものの、改良により、壁かけのものが販売されるようになった機種もあります。事前に調査し、情報を取り入れると現在販売されているものの詳細な内容を知ることができます。

■まとめ
時々、広告やホームページに目を通して、給湯器の情報を集めておくことが大切です。どんな機能があり、どんなタイプが販売されているか確認することによって、水漏れ 修理や交換が必要になったとき、迷わずスムーズに交換ができることでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ